おすすめの職業用ミシン・2017年版

職業用ミシンは長く使うものだけに間違いのない選び方をしたいものですね!
このサイトでは、実際に職業ミシンを使っている私が、始めて購入を検討されている方へ選び方や、口コミをご紹介しています。
ぜひ一度、ゆっくり全部読みとおしされることをおすすめします。

 

糸調子の合わせ方、糸の掛け方など使い方についても解説しておりますので、ぜひご覧ください。「使いこなせるかな?」という不安が消えると思いますよ!このサイトがあなたの参考になれば幸いです♪

 

 

初めて職業用ミシンを買うなら 定番のJUKI シュプールシリーズ

 

 

JUKI シュプールシリーズは厚手の生地を主に利用してバッグや帽子、カーテンなどをガンガン作りたいという人向け。帆布のトートバッグなど作るのに向いています。

 

初めて職業用ミシンの購入を検討されていると言う方ならば、まずはこのジューキのシュプールシリーズが目に入ってくるのではないでしょうか。私も専門学校でまずすすめられたのがジューキのシュプールでした。

 

シュプールと言えば、人気なのはシュプール25SPとシュプール30DX。お値段はシュプール30DXの方が若干お高め。

 

私自身が購入したのはシュプール25SPでしたが、現在ではシュプール30DXを選択される方の方が多いようですね。この2台、どう違うのでしょうか?

 

JUKI シュプール25SPとシュプール30DXの機能の違いとは?

 

JUKI シュプール30DX JUKI シュプール25SP
使用針 家庭用ミシン針仕様 工業用ミシン針仕様
自動糸切り あり あり
自動糸通し あり なし
糸切りフットスイッチ あり なし
手元LEDランプ あり なし
上送り押さえ 付属あり 付属なし(別売り)
ドロップフィード あり あり
価格

(日本ミシンサービス調べ)

86,200円〜 81,800円〜

 

以上のようにシュプール30DXにはシュプール25SPにない便利な機能が備わっていますね。シュプール30DXは自動糸通し機能がある上に手元ランプがLEDなので長時間作業をしても熱くなりません。
数千円の差ですのでせっかく購入するならシュプール30DXの方が良さそうです。

 

JUKI ミシンシュプールを買うならミシン専門通販ショップがオススメです!

 

安心5年保証の日本ミシンサービス シュプール30DXはこちらから

 

洋服を縫うなら ブラザー職業用ミシンヌーベル470

 

 

お洋服を中心に薄地〜普通地をメインに使いたい人にはブラザーヌーベル470がおすすめです。

 

ブラザーの職業用ミシンでは最新機種となり、ヌーベル470には自動糸切りとコンピューター制御機能が搭載されているため使いやすく、家庭用ミシンからの乗り換えもすんなりできます。

 

価格 74,900円〜

 

 

革を縫うなら ベビーロック エクシムプロEP9600

 

革もジーンズも縫える職業用ミシンの最新版です。工業用ミシンレベルのパワーを持ち合わせたパワフルミシンながら、美しい直線縫いを実現するプロとして活躍している方にふさわしい一台。

 

価格 176,040円(値引きあり)

 

 

厚地を縫うのが目的ならば職業用ミシンにこだわらなくても良い

家庭用ミシンでは飽き足らなくなったが、職業用ミシンではどうも敷居が高くて・・・
というお声を良く耳にします。

 

職業用ミシンは垂直釜のため、家庭用ミシンとは違い、ボビンケースの
糸調子が必要となります。

 

垂直釜は上糸と下糸をボビンケースのネジを緩めたり締めたりしてどんな生地でも縫えるように調節するんです。

 

詳細はこちらの記事をご参考になさってください。
下糸の糸調子の合わせ方

 

もちろん、個人でもできないことはないですが、ミシンの構造の知識が必要です。

 

このことを知らずに職業用ミシンを購入してしまい、使いこなせずにいる方も多いようです。

 

あなたのミシンを使う目的が、もし、「厚地のものをすいすい縫いたい!」ということであれば、家庭用ミシンの上位版も購入の視野に入れてみることをおすすめします。

 

家庭用の上位ミシンのメリットとは?

 

実際にミシン選びというのはまず「何を作りたいのか」ということに加えて、「何を求めるのか?」という点を絞り込んでからメーカーや機種を選ぶことが失敗しないコツです。

 

実際に厚地の帆布やデニムなどを縫うとなると、やっぱり職業用ミシンの方が良いの?と思ってしまいます。

 

しかしながら、直線縫いしかできない職業用ミシンだけではそれ以外のバリエーションは乏しくなってしまい、家庭用ミシンとの併用をしている方も少なくありません。

 

何台もミシンを所有するよりも、1台で模様縫いや、ボタンホールも縫える家庭用ミシンには沢山のメリットがあります。

 

職業用ミシンに比べて、価格帯的にもお求め安い(4〜5万円程度)ということもメリットです。

 

 

おすすめの厚地用家庭用ミシン スーパージーンズ17

 

私が実際に使ってみて良さを実感しているのがアイシンミシンのスーパージーンズです。

 

価格税抜き 44,800円から

 

家庭用ミシンでは珍しい20番の糸と18番の針が使える厚地を縫うことに特化したミシンです。

 

特殊な縫いの押えにより、生地を重ねてできてしまった段差を乗り越えることができます。家庭用ミシンの使いやすさを十分引き継いだ機種で、価格も職業用ミシンに比べぐんとお手頃!

 

デニムや帆布(キャンバス地)を中心にバッグや雑貨を作っている方にオススメです。

 

2017年6月23日より「スーパージーンズ17新パッケージ」が販売開始されました。

 

新パッケージには本来は別売りのミシンの備品がセットになっています。

 

合皮やビニール素材が縫いやすくなる「スムース押え」に、リメイクやすそ上げの仕上がりがより本格的に見える20番糸5色、太針18番針(2本)、フットコントローラー、専用ボビンをセットしたお得なパッケージが別売りで購入するより2500円以上お得となっています。

 

ご覧になってみてください!